分娩後脱毛症とは

分娩後脱毛症とは、出産後に髪が抜け出し、薄毛になる症状のことです。産後脱毛症とも言います。

程度の差はありますが、妊娠、出産を経験した人の大半に発症している脱毛症で、一気に髪が抜け落ちるため、不安になる人が多くいます。

しかし、分娩後脱毛症のほとんどは心配のいらない症状であり、自然治癒するものとなっています。

分娩後脱毛症の原因

妊娠中、特に後期は、女性の体内のおいてエストロゲンなどの女性ホルモンが急激に増加します。

女性ホルモンには毛髪の寿命を長くする作用があるため、本来ならすでに抜け落ちて休止期(毛根が休み、発毛に備える期間)に入っているはずの毛髪が、そのまま成長を続けることがあります。

出産後、女性ホルモンの増加がなくなると、女性ホルモンの作用により延命していた毛髪が突然抜け始め、一時的に薄毛の状態に陥ってしまうのです。

さらに、出産によって乳児に栄養素を持っていかれてしまうことも原因の一端を担っています。

分娩後脱毛症の治療法

分娩後脱毛症は、女性ホルモン分泌量の落差によって発生するもので、産後2~3ヶ月あたりで症状が見られるようになりますが、この落差が落ち着いてくる産後6ヶ月から徐々に症状が落ち着いてきます。

もともと、抜けるはずだった髪が女性ホルモンによって少々長生きしていたのが、本来の状態に戻っただけなので、自然に回復していきます。

ゆえに、分娩後脱毛症の治療法というものは存在しないのですが、一時的とは言え薄毛が気になる場合は、バランスのよい食事を摂取し、髪に必要な栄養分を意識して取り込むことで早めに回復することができます。

回復が見られない場合は?

分娩後脱毛症はほとんどの場合、産後半年~1年で回復しますが、1年以上経っても抜け毛が減らない、薄毛が治らないという時は、別の要因が絡んでいる可能性があります。

分娩後脱毛症の時期に、慣れない育児によるストレスや睡眠不足などの要因が重なると、そのまま薄毛が改善されない場合もあります。

また、高齢の場合は分娩後脱毛症の回復が遅いため、1年以上経っても改善が見られない場合は、医師に相談するか、M-1など無添加育毛剤などの使用を検討してみた方が無難です。

おすすめの育毛剤・発毛剤・育毛シャンプー

M-1 発毛育毛ミスト¥9,800
M-1発毛育毛ミスト M-1 発毛育毛ミストは、1ヶ月で満足できないなら全額返金を保証する人気No.1の育毛剤。成分も100%完全無添加だから、頭皮が弱っている方でも安心。現在、期間限定で料金18%OFFのキャンペーンを実施中。返金保証制度つきだから、男女の別なく気軽にお試しいただけます。 解説
販売店
Hatto¥11,000
hatto Hattoは、身体の外部から塗るのではなく、内側からより効果的に発毛を促進させる国内最大級の飲む育毛剤です。人気の秘密はその圧倒的な発毛実績にあります。愛飲者の83%がチョロチョロではなくフサフサの発毛を実感。しかも、すべての成分を粉末ではなくエキス抽出物として使用しているから、通常の何倍もの発毛効果を期待できます。 解説
販売店
ウーマシャンプー¥3,800
ウーマシャンプー ウーマシャンプーは、頭皮と育毛に効果的な話題の馬油を配合したアミノ酸系の育毛シャンプーです。しかも、馬油のなかでも最高級とされる『こうね馬油』を贅沢に使用しており、頭皮の不飽和脂肪酸を適度に補給し、抜け毛を根本からブロックします。 解説
販売店