女子男性型脱毛症とは

女子男性型脱毛症とは、薄毛の原因である男性型脱毛症(AGA)の女性版です。

AGAは男性ホルモンに起因する脱毛症であるため、患者の大半は男性ですが、男性ホルモンは少量ながら女性の体内にも存在するため、女性にもAGAは発症します。

ただ、男性と女性とでは症状が異なるため、AGAと区別するために女子男性型脱毛症(FAGA)と呼ばれています。

AGAとの違い

AGAと女子男性型脱毛症の違いは、その症状の現れ方にあります。

AGAの典型的タイプには、頭頂部から薄毛になるタイプと、生え際が後退して薄毛になるタイプの2種類あります。

一方、女子男性型脱毛症は、局所的な薄毛ではなく、全体的に毛髪が細くなったり抜けたりします。

生え際のラインは変わりませんが、髪にボリュームがなくなり、薄毛の部分から地肌が透けて見えたりするのが特徴です。

この症状から、一面に広がるという意味を持つ「びまん」という言葉を用いて、「びまん性脱毛症」と呼ばれる場合もあります。

女子男性型脱毛症の原因

女子男性型脱毛症の原因は、AGAと同様、男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」にあります。

通常、女性の体内では女性ホルモンが優位に立っているため、DHTのような男性ホルモンを原因とした薄毛にはならないはずですが、年齢がかさむにつれて女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが優位に立つと、女子男性型脱毛症になってしまいます。

ただ、AGA同様、男性ホルモンはリスクのうちの1つに過ぎず、特に女性の場合、上記の条件に当てはまらない若い世代にも女子男性型脱毛症患者が増えていることから、男性ホルモン以外のリスクが強く働いている可能性が大です。

考えられる要因としては、自律神経の乱れやストレスの他、女性特有の出産などが代表的なものとして挙げられています。

女子男性型脱毛症の治療法

通常、AGAの治療には男性ホルモン「テストステロン」をDHTに変換してしまう5α-リダクターゼを阻害する効果を持つ薬剤が処方されます。

代表的なところでは、育毛剤「プロペシア」に含まれる「フィナステリド」がありますが、これは成人男性専用の薬であり、女性は服用することが出来ません。

そのため、女子男性型脱毛症の治療には、AGA治療薬として「フィナステリド」と並んでFDA(アメリカ食品医薬品局)に認められている「ミノキシジル」を含有した育毛剤が多く使われています。

ミノキシジルは血管拡張剤の一種で、血行を促進し、毛根の働きを活性化させることから、発毛促進剤としてAGA治療に用いられています。

ミノキシジルを含んだ女性専用の育毛剤には、「ロゲイン女性用」などがあります。

おすすめの育毛剤・発毛剤・育毛シャンプー

M-1 発毛育毛ミスト¥9,800
M-1発毛育毛ミスト M-1 発毛育毛ミストは、1ヶ月で満足できないなら全額返金を保証する人気No.1の育毛剤。成分も100%完全無添加だから、頭皮が弱っている方でも安心。現在、期間限定で料金18%OFFのキャンペーンを実施中。返金保証制度つきだから、男女の別なく気軽にお試しいただけます。 解説
販売店
Hatto¥11,000
hatto Hattoは、身体の外部から塗るのではなく、内側からより効果的に発毛を促進させる国内最大級の飲む育毛剤です。人気の秘密はその圧倒的な発毛実績にあります。愛飲者の83%がチョロチョロではなくフサフサの発毛を実感。しかも、すべての成分を粉末ではなくエキス抽出物として使用しているから、通常の何倍もの発毛効果を期待できます。 解説
販売店
ウーマシャンプー¥3,800
ウーマシャンプー ウーマシャンプーは、頭皮と育毛に効果的な話題の馬油を配合したアミノ酸系の育毛シャンプーです。しかも、馬油のなかでも最高級とされる『こうね馬油』を贅沢に使用しており、頭皮の不飽和脂肪酸を適度に補給し、抜け毛を根本からブロックします。 解説
販売店