脂漏性脱毛症とは

脂漏性脱毛症とは、何らかの要因により、頭皮から分泌される皮脂の量が過剰になったことで引き起こされる薄毛の症状です。

過剰分泌された皮脂は汚れとなって毛穴に詰まると、頭皮や毛根が炎症を起こし、抜け毛が増えて薄毛になってしまいます。

最近抜け毛が増えた人で、頭皮が脂っぽい、ベタベタするなどという症状があれば、脂漏性脱毛症の可能性があります。

脂漏性脱毛症は、放っておくと薄毛の症状が進行し、ヘアサイクルが乱れて壮年性脱毛症に発展するほか、炎症が悪化し、脂漏性皮膚炎を起こしたりします。

脂漏性脱毛症の原因

脂漏性脱毛症の原因となる皮脂の過剰分泌に関しては、内分泌異常と、過剰なヘアケアが原因となっています。

・内分泌異常

皮脂の過剰分泌に関して最も有力な説は、男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」の過剰分泌を原因とする説です。

男性型脱毛症(AGA)の原因のひとつとも言われるDHTですが、皮脂腺を刺激する作用も持つと言われ、DHTの過剰分泌により刺激を受けた皮脂腺が巨大化し、多くの皮脂を放出していると考えられています。

・過度のヘアケア

毛穴の皮脂汚れを除去するには、毎日のシャンプーによるヘアケアが必要です。

しかし、洗浄力の強すぎるシャンプーを使うと、かえって皮脂が過剰に分泌される場合があります。

もともと、皮脂というのは頭部を保護する役割を担う物質で、頭皮にとっては必要な分泌物です。

過剰に分泌されると皮脂汚れとなりますが、適度な分泌はむしろ頭部にとって必要なことなのです。

そのため、シャンプーで必要な分の皮脂まで除去してしまうと、頭皮は大量に失われた皮脂を補うために、通常より過剰に皮脂を分泌するようになってしまいます。

脂漏性脱毛症の治療

脂漏性脱毛症を治療するには、もととなっている皮脂汚れを除去し、頭皮を清潔に保つと同時に、皮脂分泌量を正常値に戻す必要があります。

皮脂汚れの除去には、洗浄力が強すぎず、頭皮にも刺激を与えないタイプのシャンプーを選んで使用すると効果的です。

特に、育毛用としての頭皮専用シャンプーは、毛穴の汚れを落としつつ、必要な量の皮脂は残すという作りになっているものが多いため、薄毛と脂性肌が気になる人は使ってみると良いでしょう。

また、皮脂分泌量のコントロールに関しては、DHTが原因とされるものには、抜け毛予防に特化した育毛剤の使用が効果的ですが、ストレスや食生活の乱れなどによる要素も内分泌異常に関与しているので、まずは日常生活の改善から取り組み、それでも効果がなければ育毛剤の使用を検討してみるのが得策と言えます。

おすすめの育毛剤・発毛剤・育毛シャンプー

M-1 発毛育毛ミスト¥9,800
M-1発毛育毛ミスト M-1 発毛育毛ミストは、1ヶ月で満足できないなら全額返金を保証する人気No.1の育毛剤。成分も100%完全無添加だから、頭皮が弱っている方でも安心。現在、期間限定で料金18%OFFのキャンペーンを実施中。返金保証制度つきだから、男女の別なく気軽にお試しいただけます。 解説
販売店
Hatto¥11,000
hatto Hattoは、身体の外部から塗るのではなく、内側からより効果的に発毛を促進させる国内最大級の飲む育毛剤です。人気の秘密はその圧倒的な発毛実績にあります。愛飲者の83%がチョロチョロではなくフサフサの発毛を実感。しかも、すべての成分を粉末ではなくエキス抽出物として使用しているから、通常の何倍もの発毛効果を期待できます。 解説
販売店
ウーマシャンプー¥3,800
ウーマシャンプー ウーマシャンプーは、頭皮と育毛に効果的な話題の馬油を配合したアミノ酸系の育毛シャンプーです。しかも、馬油のなかでも最高級とされる『こうね馬油』を贅沢に使用しており、頭皮の不飽和脂肪酸を適度に補給し、抜け毛を根本からブロックします。 解説
販売店