正しいシャンプーの選び方

薄毛の原因のひとつは頭皮の汚れにあります。

過剰分泌された皮脂やフケは毛穴に詰まりやすく、きちんと取り除かないと汚れが蓄積し、やがて頭皮の炎症のもととなります。

頭部の炎症は頭皮だけでなく毛根にも及ぶので、発毛力が落ち、抜け毛や薄毛の原因になります。

頭皮は汚れやすいので、毎日のシャンプーでのケアが非常に大事です。

しかし、シャンプーであれば何を使ってもいいというわけではありません。

シャンプーは使っている洗浄分によって大きく3つに分かれ、それぞれ特徴や性質が異なるのです。

では、薄毛対策に適したシャンプーとはどんなものなのでしょう。

シャンプーの種類

シャンプーは界面活性剤という洗浄成分を主成分としています。

界面活性剤にも種類があり、細かくわけると多岐に渡りますが、大まかには次の3つに分けることが出来ます。

高級アルコール系シャンプー

市場に最も流通しているシャンプーで、私たちが普段シャンプーとして認識しているものは、そのほとんどが高級アルコール系シャンプーです。

泡立ちや香りが良く、洗い上がりの髪がつるつるするので使い心地の良さは特筆ものです。

しかし、高級アルコール系界面活性剤となる成分には刺激性の強いものが多く、また、洗浄力も強すぎるのが難点です。

大事な皮脂まで流してしまったり、頭皮に刺激を与えたりするので、特に乾燥肌の人や敏感肌の人にはおすすめできないシャンプーです。

石けん系シャンプー

界面活性剤に石けん成分を使ったシャンプーです。

洗浄力が強い割に低刺激なのが特徴で、特に脂性肌の人に適したシャンプーです。

ただし、石けん成分がアルカリ性のものが多く、洗髪の際にキューティクルが毛羽立つので、洗い上がりの髪がきしんだりゴワついたりするのが欠点です。

アミノ酸系シャンプー

人体を構成しているアミノ酸を界面活性剤に使用したシャンプーです。

石けん系シャンプーよりさらに低刺激なシャンプーであり、乾燥肌や敏感肌など、肌の弱い人でも安心して使うことができます。

洗浄力も強すぎることがなく、毛穴の汚れはしっかり除去しつつ、必要な皮脂は流さないという程よさです。

また、アミノ酸は頭皮や毛髪に栄養を与え、健康な環境を作り上げます。

薄毛対策に適したシャンプーとは

薄毛の症状に悩んでいる人は、既に頭皮が何らかのトラブルを抱えているため、そこに追い討ちをかけるような刺激の強いシャンプーはNGです。

刺激の強さ順で言うと高級アルコール系>石けん系>アミノ酸系となり、アミノ酸系シャンプーが最も薄毛対策に適したシャンプーと言えます。

さらに、アミノ酸系シャンプーは頭皮の汚れのみを上手に除去し、必要な皮脂は残すという選択洗浄が出来るので、最も画期的かつ効率の良いシャンプーとなっています。

おすすめの育毛剤・発毛剤・育毛シャンプー

M-1 発毛育毛ミスト¥9,800
M-1発毛育毛ミスト M-1 発毛育毛ミストは、1ヶ月で満足できないなら全額返金を保証する人気No.1の育毛剤。成分も100%完全無添加だから、頭皮が弱っている方でも安心。現在、期間限定で料金18%OFFのキャンペーンを実施中。返金保証制度つきだから、男女の別なく気軽にお試しいただけます。 解説
販売店
Hatto¥11,000
hatto Hattoは、身体の外部から塗るのではなく、内側からより効果的に発毛を促進させる国内最大級の飲む育毛剤です。人気の秘密はその圧倒的な発毛実績にあります。愛飲者の83%がチョロチョロではなくフサフサの発毛を実感。しかも、すべての成分を粉末ではなくエキス抽出物として使用しているから、通常の何倍もの発毛効果を期待できます。 解説
販売店
ウーマシャンプー¥3,800
ウーマシャンプー ウーマシャンプーは、頭皮と育毛に効果的な話題の馬油を配合したアミノ酸系の育毛シャンプーです。しかも、馬油のなかでも最高級とされる『こうね馬油』を贅沢に使用しており、頭皮の不飽和脂肪酸を適度に補給し、抜け毛を根本からブロックします。 解説
販売店