正しい洗髪の方法

洗髪の目的は、汚れやすい頭皮を洗浄し、常に頭皮を清潔に保つことで薄毛のもとになる頭皮トラブルの発生を防ぐことです。

頭皮から分泌される皮脂や、新陳代謝に伴い発生するフケは頭皮の汚れとなり、毛根が埋まっている毛穴に詰まったり、頭皮にこびりついたりします。

丁寧に除去していればこれらはトラブル因子にはなりませんが、もし洗髪が不十分だと、蓄積された汚れは酸化して過酸化脂質となり、頭皮や毛根に炎症を起こして抜け毛や薄毛を引き起こします。

不十分な洗髪は、誤った洗髪方法が原因である場合がほとんどです。

正しい洗髪方法を身につけ、毎日しっかり汚れを落とすことが、薄毛改善への近道です。

正しい洗髪方法

手順1.ブラッシング

洗髪前に、髪をブラッシングします。

ブラッシングすると、髪の表面に付着した埃や塵を落とせるほか、頭皮の汚れを浮かせて洗い流しやすくなります。

この際、ホホバ油などを頭皮になじませ、軽くマッサージしておくと、毛穴の汚れが浮きやすくなる他、洗髪後の乾燥を防いでくれます。

手順2.予洗い

ぬるま湯で頭皮を予洗いします。

あまり熱い湯を使用すると頭皮の乾燥につながるため、38度前後がベストです。

予洗いは、お湯だけで落とせる汚れを先に落とし、シャンプー時の余計な手間を省く効果があります。

手順3.洗浄

シャンプー液を適量手にとって、手のひらでよく泡立てます。

直接頭皮につけると、泡立てるまでに髪に余計な摩擦を与えるので、事前に泡立てて使ったほうが得策です。

その後、泡立てた液を頭皮につけ、指の腹でマッサージをするように洗っていきます。

この際、絶対に爪を立てないように気をつけます。

爪は硬く尖っているため、柔らかい皮膚を傷つける恐れがあり、傷口から炎症が起こったりします。

手順4.すすぎ

ぬるま湯でしっかり洗い流します。

すすぎ残しがあると、汚れが落ちないだけでなく、シャンプー液まで頭皮に残存してしまい、トラブルのもとになるので、念入りにすすぎます。

通常はこの時点で終了となりますが、脂性肌の人はもう一度手順3と4を繰り返し、2度洗いすることをおすすめします。

また、洗髪後、ホホバ油などのオイルで保湿を行うと乾燥した肌に効果的です。

きれいに洗浄した頭皮には有効成分が浸透しやすくなっているため、育毛剤も洗髪後の使用がベストでしょう。

おすすめのホホバオイル

ホホバオイルのPRO BIO¥3,000
PRO BIO ホホバオイルのPRO BIOは、ホホバオイルの中でも有機栽培で育てられたホホバの実のみを原料とし、あえて非精製を選ぶことでビタミンやミネラルなどの栄養分を損なわずに製品化した大人気の最高級ホホバオイルです。洗髪後のきれいな毛穴に浸透させることで、フケや皮脂汚れを予防することができます。 解説
販売店

おすすめの育毛剤・発毛剤・育毛シャンプー

M-1 発毛育毛ミスト¥9,800
M-1発毛育毛ミスト M-1 発毛育毛ミストは、1ヶ月で満足できないなら全額返金を保証する人気No.1の育毛剤。成分も100%完全無添加だから、頭皮が弱っている方でも安心。現在、期間限定で料金18%OFFのキャンペーンを実施中。返金保証制度つきだから、男女の別なく気軽にお試しいただけます。 解説
販売店
Hatto¥11,000
hatto Hattoは、身体の外部から塗るのではなく、内側からより効果的に発毛を促進させる国内最大級の飲む育毛剤です。人気の秘密はその圧倒的な発毛実績にあります。愛飲者の83%がチョロチョロではなくフサフサの発毛を実感。しかも、すべての成分を粉末ではなくエキス抽出物として使用しているから、通常の何倍もの発毛効果を期待できます。 解説
販売店
ウーマシャンプー¥3,800
ウーマシャンプー ウーマシャンプーは、頭皮と育毛に効果的な話題の馬油を配合したアミノ酸系の育毛シャンプーです。しかも、馬油のなかでも最高級とされる『こうね馬油』を贅沢に使用しており、頭皮の不飽和脂肪酸を適度に補給し、抜け毛を根本からブロックします。 解説
販売店