かつら・ウィッグの選び方

かつらやウィッグは、薄毛の進行具合やかつら装着への抵抗感、見た目、価格など、いろいろな要素を考慮して選択します。

以下では、それぞれのシーンに合わせたかつら・ウィッグの選び方を紹介します。

薄毛の進行具合

薄毛の進行具合によって、かつら・ウィッグの形状が異なります。

頭部全体が薄くなっている場合、頭部全体を覆うフルウィッグ(全かつら)、局所的な薄毛の場合は、ヘアピース(部分かつら)を選択します。

フルウィッグは、薄毛を一気にカバーできることと、残った自毛との違和感を心配する必要がないのがメリットですが、頭皮が蒸れやすいこと、装着するのに多少抵抗感があることがネックです。

一方、ヘアピースは装着も手軽で、フルウィッグより抵抗感が少ないことが特徴ですが、将来、薄毛が進行したり髪質が変わったりした場合、その都度対応していかなければなりません。

見た目のよさ

かつら・ウィッグを選ぶ際、装着した時に不自然でないかどうかがひとつのポイントとなります。

見た目のよさは、使用素材によって大きく左右されます。

素材には、本物の人毛を使ったものと、化学繊維などの人工毛を使ったものがありますが、最近ではこの二つをミックスしたものも作られています。

人毛タイプ

人毛は最も見た目が自然なため、外見で選ぶなら人毛タイプがおすすめです。

ただし、人毛であるがゆえに価格はずば抜けて高価で、さらに手入れに手間がかかるというデメリットがあります。

人工毛タイプ

人工毛は、最近の技術の発達により、一見してわかるほどの不自然さはなくなりましたが、やはり人毛には及ばない部分があります。

しかし、人毛に比べると強度が高く、手入れが簡単な上、価格もリーズナブルになっています。

ミックスタイプ

そして最後は、人毛と人工毛を混合したミックスタイプです。

部分的に人工毛を取り入れることで、フル人毛のコストの高さをカバーしています。

また、人毛を混ぜているため、人工毛100%より自然な仕上がりを見込めます。

現在最も普及しているタイプであり、コストは抑えたいけれど自然な仕上がりも犠牲にしたくないという使用者の願いに応えたタイプとして、人気を集めています。

価格

価格は、使用する毛質や、オーダーメイドか既製品かで大きく異なってきます。

毛質の場合は、人毛が最も高く、次いでミックスタイプ、人工毛の順となっています。

安さで選ぶなら人工毛ですが、仕上がりなどの総合点から見るとミックスタイプが最も人気が高くなっています。

また、かつらは一からすべて自分に合わせて作ってもらうフルオーダーと、既製品をベースに毛質や色を自分で決めるセミオーダー、既に作られた状態で販売されている既製品の3つがあります。

値段で言えばフル>セミ>既製品の順となっていますが、既製品の安価はともかく、販売店によってはフルオーダーとセミオーダーでそれほど大差のないところもあります。

いずれにせよ、価格だけで決めると安物買いの銭失いになるので、自分がどの点を重視したいのかをはっきりさせ、他の要素とのバランスを調節しながら選ぶと良いでしょう。

おすすめの育毛剤・発毛剤・育毛シャンプー

M-1 発毛育毛ミスト¥9,800
M-1発毛育毛ミスト M-1 発毛育毛ミストは、1ヶ月で満足できないなら全額返金を保証する人気No.1の育毛剤。成分も100%完全無添加だから、頭皮が弱っている方でも安心。現在、期間限定で料金18%OFFのキャンペーンを実施中。返金保証制度つきだから、男女の別なく気軽にお試しいただけます。 解説
販売店
Hatto¥11,000
hatto Hattoは、身体の外部から塗るのではなく、内側からより効果的に発毛を促進させる国内最大級の飲む育毛剤です。人気の秘密はその圧倒的な発毛実績にあります。愛飲者の83%がチョロチョロではなくフサフサの発毛を実感。しかも、すべての成分を粉末ではなくエキス抽出物として使用しているから、通常の何倍もの発毛効果を期待できます。 解説
販売店
ウーマシャンプー¥3,800
ウーマシャンプー ウーマシャンプーは、頭皮と育毛に効果的な話題の馬油を配合したアミノ酸系の育毛シャンプーです。しかも、馬油のなかでも最高級とされる『こうね馬油』を贅沢に使用しており、頭皮の不飽和脂肪酸を適度に補給し、抜け毛を根本からブロックします。 解説
販売店