薄毛と遺伝の関係

自身の薄毛に関して、「遺伝のせい」だと思っている人は相当数に上ります。

自分の直系の家族に薄毛の人がいる場合、大半の人が「自分も薄くなるかもしれない」と不安に思っているとの統計もあります。

「薄毛は遺伝する」と考えられているのはなぜなのでしょうか。

男性型脱毛症(AGA)の原因

薄毛の代表的な症状のひとつに「男性型脱毛症(AGA)」があります。

頭頂部を中心に薄くなったり、生え際が後退したりする脱毛症で、男性の髪の悩みの大半を占める脱毛症となっています。

そして、「遺伝による薄毛」という場合は、このAGAを指しています。

AGAの原因のすべては未だに解明されていないのですが、リスクとして判明しているもののひとつに、男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」が挙げられています。

DHTは、同じく男性ホルモンの一種である「テストステロン」が、「5α-リダクターゼ」の働きによって変換されてしまうことで発生し、多ければ多いほどAGAが進行していきます。

そのため、育毛剤の中には、この5α-リダクターゼを阻害する成分を配合し、DHTの生成を根本から抑制することによって抜け毛を防ぐという製品が数多く存在しています。

遺伝しているのは「5α-リダクターゼが生成されやすい体質」

ここで問題なのは、男性ホルモンはすべての男性に存在しているのに、なぜ全員がAGAにならないのか、という点です。

これこそ「薄毛は遺伝」とされる最大の要因なのですが、DHTのもととなっているテストステロンに関しては、分泌量に個人差というものはほぼ存在しません。

が、DHT生成のもうひとつの要因となっている5α-リダクターゼ分泌量には大きな個人差があることがわかっているため、AGAになる人とならない人の違いは、5α-リダクターゼの分泌量の多さにあると言うことができます。

そして、この5α-リダクターゼが生成されやすい体質こそが、遺伝として受け継がれているというのが現在の最有力説となっています。

薄毛は遺伝と諦めないで

上記の理由により、「薄毛は遺伝」というのは半分当たっていますが、半分は誤りということがわかります。

正しくは「薄毛になりやすい体質」が遺伝として受け継がれているため、然るべき対策を講じておけば、必ずしも薄毛になるとは限らないのです。

ゆえに、もしAGAになったとしても、育毛剤を使用したり、育毛サロンに通うなどして治療すれば、薄毛の進行を食い止めることは十分可能となっています。

おすすめの育毛剤・発毛剤・育毛シャンプー

M-1 発毛育毛ミスト¥9,800
M-1発毛育毛ミスト M-1 発毛育毛ミストは、1ヶ月で満足できないなら全額返金を保証する人気No.1の育毛剤。成分も100%完全無添加だから、頭皮が弱っている方でも安心。現在、期間限定で料金18%OFFのキャンペーンを実施中。返金保証制度つきだから、男女の別なく気軽にお試しいただけます。 解説
販売店
Hatto¥11,000
hatto Hattoは、身体の外部から塗るのではなく、内側からより効果的に発毛を促進させる国内最大級の飲む育毛剤です。人気の秘密はその圧倒的な発毛実績にあります。愛飲者の83%がチョロチョロではなくフサフサの発毛を実感。しかも、すべての成分を粉末ではなくエキス抽出物として使用しているから、通常の何倍もの発毛効果を期待できます。 解説
販売店
ウーマシャンプー¥3,800
ウーマシャンプー ウーマシャンプーは、頭皮と育毛に効果的な話題の馬油を配合したアミノ酸系の育毛シャンプーです。しかも、馬油のなかでも最高級とされる『こうね馬油』を贅沢に使用しており、頭皮の不飽和脂肪酸を適度に補給し、抜け毛を根本からブロックします。 解説
販売店